FC2ブログ
topimage

2009-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X’masがやってくる - 2009.12.10 Thu

街を挙げてクリスマスモードである。
仏教国なのに・・・お正月は神社に詣でるのに・・・
(このブログの模様も・・・)

日本で本格的にクリスマスが祝われるようになったのは
1900(明治33)年
明治屋が銀座に進出し「クリスマスセール」をやったのが
契機だと言われているようだ。

少なくとも私が幼児の頃までは
「クリスマス」とは12月25日のことであり
「イブ」にパーティをやるなんてことはなかったような・・・?

幼稚園がキリスト教系だったので、イエス・キリストの誕生を祝い
三賢人がプレゼントを持って馬小屋を訪ねていくという劇に
「聖父ヨセフ」の役で出演したことがある。

最初から最後まで出ずっぱりで、台詞は一言もないというw

小学生の頃に「欧米では24日のイブにどんちゃん騒ぎをし、25日は教会のミサなどでおごそかに過ごすものらしい」ということになり、今や「クリスマス本番」は24日の夜ということになってしまった・・・

まあ日本人も正月元旦あけたらおごそかなもんだからなあ・・・という雰囲気でそうなったのかもしれないが。

なんとなく「腑に落ちない」

クリスマスといい、バレンタインといい、結局商人に踊らされているのではないか?という疑念は拭いきれないが、まあ、北欧の「冬至祭り」を起源とし、そこにキリスト教文化が交わり、コカ・コーラ社が今の「赤白衣装のサンタさん」を定着させたというクリスマスは、歳末商戦とあいまり、日本においても「盆・正月」とならぶイベントとなった。
折しも学校がこの日から冬休みを迎えることも、盛り上がるひとつの要素なのだろう。

とりあえず。メリークリスマス・・・・
恋人がサンタクロース・・・・
それでいいのか聖ヨセフ?
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

dugongbar

Author:dugongbar
玄界灘に生息するひねくれおじいさん「じゅごん」の駄菓子屋さんです

最新コメント

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。