あれやこれやと・・・

自分の原稿はアップしたものの
他の方の原稿・広告がおせおせで
「あ~俺の分は後回しでいいよ・・・」
ということで、デザイナーさんの作業待ち
今夜は徹夜モードかな?というじゅごんです。

で時間つぶしにあれやこれや
とりとめのない話を・・・・

その1 答を与える前の前

我々日本人は、学校教育(あるいは受験勉強)の影響で
よくも悪くも「正解」を性急に求めがちです・・・

ソフトのコーチをしてても
「前にでんけんエラーするったい!」
「ボールの下ばたたくけん打ちあげるったい!」
「真ん中に投げるけん打たれるったい!」と
ついつい「答」を与えがちですが・・・
(それが答になっているのかどうかは別の話として)

しかし、掛け算の九九は暗記が大事だとしても
応用問題では、やはり考える力が大切なわけでして・・・

「なぜ?」ということを
子供自身が考え、その答を出す手助けをするのが
コーチという役割かな~と思ってました・・・

「なぜ打てない?」
「なぜ勝てない?」
あるいは
「なぜ打てた?」
「なぜ勝てた?」

しかし最近、これでは限界があるな~と
感じています。

最近の子供は、ゲームなんかでも
「攻略本」「マニュアル」に従って
「答」を探すのは実に上手です。
日本人の特性かもしれません・・・・

確かに、受験勉強でいい成績を残すには
いかに効率よく、答を出すかにかかっている・・・・

でもそれって、これからの世の中
本当に生きる力を養っていくのに十分なのか?

発想というか、インスピレーションというか
長嶋さん的に言えば「ひらめき」と申しましょうか・・・

「あらかじめ用意された設問ではなく、設問自体を考え出す力」が
人生では問われてくると思うのですよ。

ピタゴラスの定理というのがあります
直角三角形の斜辺の長さをa、その他の辺をb、cとしたとき
a×a=b×b+c×cというやつですね
多分中学1年生の数学で習うと思います。

私の中学時代を考えれば
「これが三平方の定理。覚えなさい」
あとは、その応用問題をひたすら解くと・・・

しかし、このピタゴラスの定理
別にピタゴラスが発見したわけではなく
それより以前に、古代エジプトなんかでも知られていたそうですが

まあ、ピタゴラスさんも発見したのかもしれませんよ
その証明方法を・・・・

なにせ数百通りもの証明方法があるそうですから・・・・

数学の面白さというのは、この証明を「ああでもない、こうでもない、あ、もしかしたらこうすれば・・・」と
考えるところにあるはずなんです。

私は小学生の頃は塾に通っておりまして・・・
この塾の先生が、小学校の最後の授業で
「この証明をしなさい」という問題を出したんです。

小学生の算数の知識でも、これは証明できます。
斜辺を一辺とする正方形の面積が、他の二辺を辺とする正方形の面積を足したものに
等しい・・・というのが、私が考え付いた証明方法でした。

これは「正解」ではあるけれど、ピタゴラスの定理にしたって
このほかにいくつもの証明方法「正解」があるわけです。

「公式」を暗記させ、その応用問題を解かせることだけを暗記させられたなら
小学校6年生のときのことを、ここまで鮮明に覚えてないと思います。

現に、高校のときにならった微分、積分なんて、とりあえず怪しいですね、記憶が(笑)

ソフトに(強引に)あてはめると・・・
公式(バックアップはどうとか、ノーアウトランナー一塁で打席ではどうすべきとか)を
覚えてもらうことも必要ですが
なぜ・・・と

さらに言えば、その「公式」自体も、長い野球の歴史の中で
誰かが、どのチーム化が、あるいは別々の方法で考え付き
それが伝えられたものなはずなのです・・・

もっと言えば「この三角形の斜めの線と、他の二つの線になんか関係があるのじゃないか?」
それを考えた人

「ボールをこう投げれば下手でも速く投げられるんじゃないか」(ウインドミルの発見!)

そういう発想力というか
そもそも「答」云々じゃなくて・・・・
問題自体を考え出す力というか・・・

子供って、ときどき突拍子もないことをしますよね
人の真似も、よくします。

とんでもないことを、頭からダメとはいわず
子供が真似し、面白がるいろんなことを考え付いて
いっしょにやってみて・・・

一方で、九九やいろはの暗記しないといけないことは
きちんと繰り返し覚えさせる

そういうひとに、私はなりたい(笑)
無理?

おっと、校正があがってきました
今夜はこのへんで・・・

このシリーズ、続くかもしませんし
続かないかもしれません(笑)

トヨタやPS3の件があるので
校正ミスをしないようにしないと・・・・

コメント

ウォーリー #-

そうですね...

私も...
せっかち...なので...
結論から...入りがちです...
子供達は...
答えを出すのに...
考え中かも...しれないのに...
知識も...
確かに...
必要ですが...
知恵が...出る人に...
なりたいし...
なってもらいたい...
いつも...
勉強させていただいて...
ありがとうございますm(__)m

2010年03月03日(水) 08時22分 | URL | 編集

じゅごん #//wnbboM

コメントありがとうございます

★ウォーリーさん
そうですね。「知恵が出る人」になって欲しいですね。
三人寄れば文殊の知恵・・チームワークも大切ですよね。

あ、それと、東連盟新人戦優勝おめでとうございました!

2010年03月03日(水) 23時02分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。