誕生日

ちょっと遅くなりましたが
先週の金曜日、19日が誕生日でした。

ヤマサキコーチと誕生日が近いですが
彼はかに座で、私はふたご座です。
(イチローくん誕生日おめでとう)

小さい頃は「6月19日なんて、なんの変哲もない日だ」と思ってました。

福岡的には「福岡大空襲の日」なんですね。
博多に来てから知りました。

それと前後して、この日が「桜桃忌」だというのを知りました。
太宰治の誕生日にして、玉川上水から遺体があがった日。

奇しくも、今年「生誕100年」だったそうで。

太宰との出会いは、まだ10歳前後の頃かと思います。

子供の頃、小児喘息で
月に10日くらいは小学校を休んでいたような気がします。

夜中に発作が起き、朝まで我慢して
一番で病院へ連れて行ってもらい
注射(当時は今みたいに噴霧式の気管支拡張剤がありませんでした)を打って
発作が少し楽になる・・・

夜中寝ていないので、一眠りし
あとはすることがないので
買ってもらった漫画本を読んだり
従兄弟からお下がりの
「少年少女世界文学全集」を読んだり・・・

そのうち読む本がなくなり
なぜか、貧乏な我が家にもあった
「現代日本文学全集」を手に取るようになりました。

多分、親父が訪問販売かなんかのセールスマンに
うまいこと言われて、月賦で買ったのではないでしょうか?
どの家にも百科全集とか、文学全集とかあったもんです。

どこの出版社かは忘れたけど
(実家の本棚には多分今もあるはずです)
芥川龍之介や菊池寛はもとより
吉行淳之介や梶井基次郎、有島武郎、などなど
当時の「現代日本文学」を
退屈しのぎに、読んでいました。

太宰治は、その中でも異彩を放っているような気がして
多くの青少年がそうであるように
そのデカダンな作風に惹かれました。

小学校の3年か4年で
「人間失格」とか「グッドバイ」を読みながら
喘息で「げほげほ」と咳き込んでいたのだから
陰気な子供です(笑)
子供心に「絶望感」とか「寂寞」とかいうものを
うっすら感じていたのかもしれません。

「僕は大人になる前に死ぬんだろうなー」と思っていたので
あまり「大きくなったら何になりたい」とかいう思いも
抱かなかったような記憶があります。

ところがどっこい
小学校を卒業する頃から小児喘息はおさまり
中学生になる頃には
川上宗薫先生や、宇能 鴻一郎先生といった
巨頭のの作品を愛好する健全な少年となりました(笑)

しかし、太宰治は好きだった
子供心に、三島由紀夫なんかより断然かっこよかった
(ちなみに三島が割腹自殺したのは小学校3年生の時。親元を離れて養護学校で寄宿舎生活をしていました)

要するに、ミーハーなんでしょう。

優れた小説を世に送りつつ
まったくデタラメな実生活を経て
なんだかわからない
それでいて「文学的に」完結した終わりを迎えた
太宰ですが

「走れメロス」だけではない
彼の作品に、子供の頃触れたというのは
それなりによかったのではないのかと思っています。

すでに彼の享年を上回ること10才。
「老人になったら何をしているのか」
今もって自分の将来は全く読めません。

多分ソフトに関わってるような気もする今日この頃ですが。
生きていれば(笑)

コメント

ヤマサキコーチ@南新友達 #FBS4NHfE

お祝いありがとうございます。
じゅごんさんこそおめでとうございます。
それにしても小3にして太宰を読むなんて
凄い小学生だったんですね。
それが今では「走れエロス」?
違うか~!

2009年06月23日(火) 23時58分 | URL | 編集

はやピーママ@高木 #-

おめでとうございます!

↑やまさきコーチ,うまいっv-424

いやマジですごいです。
小学校3年生で太宰???
どうりで,時々記事が高尚だと思いました。
(時々って失礼しました)

ちなみに私は小・中・高12年間皆勤の
学校大好き少女でした。太宰も芥川も
受験勉強のためにしか読んでません・・・(反省)

2009年06月24日(水) 00時50分 | URL | 編集

じゅごん #-

コメントあありがとうございます

>はやピーママさん
今考えればわからない漢字だらけでしょうが、雰囲気で読んでいたのでしょうね。
読んだと言えるのかどうかわかりませんが・・・
12年間皆勤。健康優良児ですね!すごい!

2009年06月24日(水) 18時09分 | URL | 編集

じゅごん #//wnbboM

イチローくんへ

人間三角またきて四角

2009年06月24日(水) 18時11分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。