全員レギュラー!全員補欠!

金曜日から日曜日まで、アキラの中学野球に付き添い、鹿児島に行っていました。
3年生にとっては最後の大会となります。

春の終わりごろ、2年生の父たちが集まり、新体制のための話し合いをしたのですが
その場で「西クラブがあるので、土日祝はほとんどいけません。その代わり、遠征時くらいは役割を果たしたいと思いますので」と志願して「遠征担当」になりました。

とは言え、今回の遠征も、3年生保護者の方々がほとんど準備してくださり
私は「見習い」として同行させていただいただけなのですが・・・・

今の3年生(23期生)が1年生で入部した時には、当時の部員は2年生2名・・・
9人に満たなかったので、「これでは試合ができない」と、前年秋、多くの2年生が去っていったあとでした。

11人の23期生が入部し、試合はできるようになったのですが
ついこの前まで小学生だったメンバーが大半で戦うのですから
それはそれは苦労の連続でした。
春のリーグ戦では、40何対0という試合もあったそうです。

また本部対応や配車など、本来上の学年がやるべき仕事も、中学野球に入ったばかりの保護者が担当し
その苦労は並大抵ではなかったようです。
その反面、団結力・チームワークは他のどこにも負けていませんでした。

しかし試練は続きます。
専用練習場として使っていた土地が、地主さんの都合で使えなくなり
代替で見つけ、一から手作りで作ったグランドも、やはり地主さんの都合で撤去・・・
専用グランドが無いなか、保護者は子供たちが野球をできるよう奔走します。

アキラ達24期生が入部し、人数だけはそこそこに・・・
監督の「全員レギュラー、全員補欠」の方針のもと
1年生(24期)が試合に出場し、2年生(23期)がベンチに回ることも・・・
本音では悔しかったと思いますが、変ないじめや嫌がらせはなく
黙々と後輩たちを引っ張っていってくれました。

今春、25期生13人が入部し、一気に練習もにぎやかになります。
最上級生として、後輩たちを温かく、そして厳しく引っ張っていってくれました。
それは保護者も同様です。

困難に負けず、地道に努力を続けた結果、10数年ぶりの九州選手権出場を勝ち取りました。

金曜日、朝7時半出発。
九州自動車道と国道3号線を南下し、薩摩川内市に到着。
薩摩川内総合運動公園で、川内スラッガーズさんと練習試合(3年生1試合、2年生1試合)

割り当てられたホテルは、祁答院ゴルフクラブのホテル祁答院
鹿児島の奥深い山の中でした
すっごい豪華なリゾートホテル!温泉!露天風呂!
割り振りは主催の鹿児島連盟さんがされ、どこにとまっても同じ料金なのでラッキー!

バイキングで腹いっぱい食い、大人はビアガーデンでビア飲み放題

その後保護者はホテル内のカラオケラウンジへ・・・
子供たちは明日の試合に備えます

日曜日、打ち続く快晴
鹿児島の空のもと、最後の行進・・・

1回戦、ミスから2点を先制されますが
諦めず掴んだチャンスを見事にものにし、逆転勝利!
朝2時に出発した後発隊も応援に燃えます。

2回戦、相手は1回戦不戦勝のチーム
グランドの都合で、少しの休息のあと昼食もとらず連戦です。

ハンデの中、初回からピンチの連続
しかし、気迫のダイビングキャッチや、見事なバックホームでの補殺で凌ぐ・・・

試合は0対0のまま終盤へ・・・けれど、少しのほころびからゲームが動きます。
最終回、意地の1点を返し、最後のバッターに3年生のピンチヒッター・・・

セカンドゴロ・・・送球がファーストのミットに収まりゲームセット

挨拶のあと、3年生がベンチの陰からなかなか出てきません・・・

涙の跡は見せず、笑顔で記念撮影。
その夜、夕食の席で、ひとりひとりが挨拶。
「高校でも野球部で頑張ります」
「高校に行けるよう、勉強をがんばります」
笑顔が最後まで包みます。

子供たちが部屋に帰った後、残った親が一人一人挨拶。
いろんな思い出が走馬灯のように、思い起こされ、語られます。

数人の挨拶の後に立った、崇志父
いつもは陽気な人なのですが・・・

突然顔を覆い、声を詰まらせ
「2年生の皆さん・・・この・・・チームを・・・選んで・・・くださり・・・ありがとうございました・・・」

(TへT)

2年生保護者からのお礼の言葉も終わり、最後、オオトリで挨拶に立ったのは3年生義揮母

義揮は足に故障を背負い、中学に入って野球は諦めようと思っていました。

「そんな時・・・ご縁でこのチームに出会い・・・監督が『野球が好きなら野球を諦めることはない。このチームで野球を続けなさい』とおっしゃってくださり・・・今日、ユニフォームを着ているのを見るだけで、胸がいっぱいになり・・・まして試合に出させてもらったのを見て・・・」

言葉を詰まらせながら、涙をあふれさせながらの感謝の言葉に、深く感銘を受けました。

そして保護者は連夜のカラオケラウンジへ(笑)
もちろんハジケマシタ・・・

夜も更け、最後の曲は・・・
皆で肩を組み「あとひとつ」を熱唱しました!

日曜日は、3年生バスで観光
2年生は、練習試合へ鹿児島市へ・・・へろへろで試合にならず・・・大丈夫か?24期生たちよ!?

途中立ち寄ったいちき串木野総合グランドでは、アキラ達思い出の「若鷲旗少年ソフトボール大会」が開かれていました。

そして今日、全ての背番号が回収され、24期生の1年がスタート!

全員野球で、目指せ頂点!

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。