挫折を乗り越えてこそ真の栄光がある

明治神宮大会
高校の部は、鹿児島実業惜しくも準優勝で、興南選抜のメはなくなりましたね~
でも日大三が優勝だから、東京枠が増えて、八王子が出るのかな?でも、都立昭和というメも・・・

大学の部は、ご存じの通り、早稲田が優勝
福井~大石~斎藤というドラ1リレー

8回の裏、早稲田が絶好の追加点の場面を逃して、最終回斎藤だったので
「大丈夫~?」とか思ったんですけど、きっちり抑えて優勝
やっぱり「持ってる」男は違うね~(笑)

さて、今回の優勝、世間・マスコミの目は当然「佑ちゃん」に行くでしょうが
私は、一人の選手を、西クラブのみんなに紹介したいと思います。

今日の試合、先制したのは東海大
ショートのエラー(悪送球)でした
東海大のピッチャーは菅野君といって、巨人の原監督の甥で、すごい好投手です。(3年生ながら今大会全て投げきっています)

しかし6回、早稲田は2アウト満塁から、4番山田君が逆転タイムリー
これを大石くん(福大大濠出身)-佑ちゃんとつないで守ったわけです。

この殊勲の山田くん・・・出身は早稲田実業です。
早稲田実業出身で4年生・・・ということは、あの甲子園で優勝した佑ちゃんたちと同級生?

実は、山田選手は佑ちゃんたちとは、一歳年上です。
高校一年生のとき「留年」してしまったのです。

高校生に限りませんが、学生は野球だけではなく勉強もしないとけません。
山田選手は、成績の関係で「もう一回1年生をやりなさい」ということになってしまったのです。

皆さんどうでしょうか?受験で浪人や、大学生で留年というのは結構あるけど、高校で留年というのは、かなり辛いと思います。一歳下の学年といっしょのクラスになって・・・
また高野連の規定では、在籍は3年間しか認められませんので、最後の一年間は高校生でも野球の試合には出られなかったはずです。だから、早稲田実業が甲子園で優勝した年も「生徒ではあるけれど、選手にはなれない」という状況でした。

早稲田大学に進学した山田選手は、野球部に入部します。
レギュラーへの道は険しいものでした。
けがを克服して、やっとつかんだ左翼のポジション・・・しかし、最上級生となった今年の秋のシーズンも何回かスタメン落ちをしています。

――この4年間を振り返ってみて様々なことがあったと思うのですが、部を辞めたいと思ったことはありますか
 1年生の時は、本当に何度も辞めたいって思いました。試合にも出られなかったし、練習も厳しくて。

――それでもここまで続けてこれたわけは
 自分1年留年してるんですけど、その期間はやろうと思っても野球ができない状態にあって。だから、そういう思いはもうしたくないなって思ったんです。野球ができる環境にいるんだから、4年間続けなきゃって思ったのが一番大きいです。
(「早稲田スポーツ」wasedasports.comより)

そんななかで放った、今日の一本。
全てが順調ではなくても「諦めずに」続けてきた中での、輝きを放つ一本だと思います。

怪我や、いろんな事情で「辛い」「自分だけなんで?」「もうやめたい」と思うこともあるかもしれないけど、でも、がんばる人をじっと見ている「野球の神様」がきっといるんです。



コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。