悔いは無し(長くてすみません)

アキラの最後の大会が終わりました。
結果は2回戦負け。
昨日は池田湖と知覧を観光して、夕方帰ってきました(笑)。

薩摩川内市を中心に開催される鹿児島大会。
アキラの所属するフレッシュリーグでは、ほとんどのチームが3年生最後の大会としてこれに出場します。
そういう意味では、いろんな思いが詰まった大会です。

普段なかなか協力できないので、今回の遠征では幹事として準備にあたりました。
中学部だけで50チーム以上が参加する大会ですので(小学部もある)、宿の手配等は一括して旅行代理店が仕切ります。
金曜の昼間選手28名と監督・コーチなどの先発隊が出発。
仕事を終え、金曜の深夜、後発隊の応援部隊がマイクロで出発。
そして、土曜の早朝、1,2年生保護者有志の応援隊がマイクロで出発。
宿泊する3年生保護者と選手で60名以上。
日帰り応援も含めると80名近くが見守り試合が行われました。

試合に先立って行われた開会式の時は、時折激しい雨粒が落ちてくるこの夏特有の天気でしたが
試合会場に移動すると、多少ぱらついたものの、徐々に天気は回復してきました。

初戦の相手は・・・創部40年を誇る地元の伝統強豪チーム。
この春の九州選手権優勝。夏の九州選手権は優勝チームに負けてるけど・・・
ホークスカップにも出場
はっきり言って強い。いわゆる優勝候補・・・

対する我がチームは・・・

チーム方針は「全員レギュラー、全員補欠」「全員野球」がモットーです。
箸にも棒にもかからないほど弱いわけではないけど、お世辞にも強いとは言えない。
ただし、はまれば時々すごい試合をします。

春のリーグ戦は、いいところいきながら、4チーム同率2位。直接対戦成績の複雑な計算の結果5位となり、4チームまで出場できるプレーオフへの出場権を逃し・・・

夏季九州選手権では、優勝候補を破ったものの、勝てば出場決定の試合を落とし、敗者復活戦で再戦となりコールド負け・・・

8月頭の下関大会では、3年生が引退した2年生チームに初戦エキストラ敗退・・・

急きょ参加したお盆の呉大会では、結構いいとこ見せるも2回戦敗退。

で、最後の大会となったわけです。木曜日、最後の練習。直前の夕立で濡れたグランドを懸命に整備して、総監督から3年生が最後のノックをもらいました。ずっと面倒を見てくださった総監督が春に監督を勇退し、OB1期生のY新監督が就任されました。

で、試合開始。相手チームの印象は・・・デカっ!
背丈はそうでもないけど、下半身が・・・太い・・・・腕っぷしも・・・太い
全般的にひょろひょろの我がチームとは好対照

初回から押されますが、不思議に零点に抑えていく・・・
うちは裏の攻撃。サイドから出てくる浮き上がる球にタイミングがなかなかあわない。

5回表、ついに均衡が崩れます。
四球とバント処理エラーからのピンチに、犠飛で1点を先制されます。
このまま一気に押し込まれるか・・・と思いましたが、続くピンチをしのぎます。

裏の攻撃は裕一から。アキラとは小学校の1年生からいっしょにやってきた。
温厚だが熱心なお父さん。涙もろい感激屋のお母さん。
惜しい当たりでワンアウト・・・


次のバッターは佑悟。佑悟とも1年生から9年間・・・
年を追うごとにはまりこんできたお父さん。西クラブでもこのチームでもアイドルだが、中身は熱いお母さん。
おじいちゃん、おばあちゃんも初めて試合を見に来てました。
14人の三年生の中で背番号は13。しかしガッツで二塁のポジションをつかみ取った。

タイミングをはずされキャッチャーフライ。


2アウト・・・で、バッターはアキラ。


アキラはこの1年間悩んできました。
ちょうど一年前、秋のリーグの初戦・・・新チーム初公式戦
0対0の緊迫した試合の中盤で、サードゴロをはじき、これが敗因で負け・・

その後もエラーを繰り返し。

技術的にも問題はあったけど、小学生の時は守備はそれなりにこなしていたので私も戸惑いました。
要因のひとつは、グラブが合わなかったこと・・・それは私にもわかっていましたが、本人には「道具のせいにするな」と、新しいグラブは買い与えませんでした。

元来、意外と真面目な性格で、要するに精神的にひ弱なところがある。
このつまづきが思いのほか尾をひき、他にもいろいろ自信をなくすことがあって冬には学校生活にも支障をきたし・・・
あいつは悩んでいました。


正月「新しいグローブ、買おうか」と言いました。
あいつが選んだのは、小学校のとき初めて買ってやったメーカーのグローブ。
あれは、柔らかくて、小さいけど球の収まりがよくて、本当にいいグラブでした。

色も同じ黒を選んでいました。

ここのところ試合には出たり出なかったり。
「全員野球」ですからずっとベンチというわけではないのですが
実質サードのレギュラーポジションは下級生に奪われていました。

ただ、春のリーグ戦では、意外といいところでヒットを打ち、ラッキーボーイ的な存在でいたそうです。

で、ツーアウト、ランナーなし。打順は9番。
総監督は、スタンドで私の隣に座って「いらんこと打つな~ 次はトップからぞ~ もしヒット打ったら盗塁~」と言ってました(笑)。いかに信用がないか(爆)

前の打席ではノーアウトからヒットで出塁をした佑悟を一塁に置いて初球バントを失敗・・
次の球で佑悟が牽制にひっかかりアウト・・・結果はレフトフライ・・・最後の大会でなければ下級生に変えられてますわ

見逃しとファールで2ストライクをとられ・・・
思わず私は怒鳴ってました

「最後の打席と思って打て!悔い残すな~!」

聞こえたのか聞こえてないのか?


相手もなめたのか、やや甘い球だったような気がします。


振り抜いた打球はレフトの頭上を越え・・・ツーベース!

よしゃ!ちょっと流れがきました。
次は期待のトップバッター憲一朗。

4年生のとき転校してきて、アキラとはすぐ仲良しになりました。
小学校時代はキャプテン・・・
アキラがやる気をなくした時も「アキラ~練習しよ~」と自主錬に誘いに来てくれていました。
チーム一の熱血お父さんと最強の天然お母さん

こうして見ると、西クラブOBが4人並んでいたわけだ。

こう声をかけました「アキラでも打てたっちゃけん、お前なら楽勝ぜ~!」

お父さんはほとんど全試合見ているはずです。マネージャーとして頑張ってきました。
「なんでアキラの試合を見に来ないんですか!自分の子供が大事じゃないんですか!」と本気で叱ってくれたのも、このお父さんでした。たまに顔を出すと、あの試合のヒットはよかったとか、いろいろ細かく教えてくれました。

右中間を深々と破る!
アキラが帰って同点!
三塁でタッチアウト・・・空タッチに見えたけど(うちは三塁側)

しかし6回表、四球、四球、バント安打でノーアウト満塁。
押し出しのデッドボール・・・
ピッチャーが明らかに限界でした。実は前の回からおかしかったので、私はこの回頭から変えるかと思ってました。マウンドにあがったとき驚いたくらいです。
彼は2番手ピッチャーで、俊足を生かしたセンターが本職でした。
しかし、エースが腰の疲労骨折を起こし、ここのところエースとして頑張ってきました。


リリーフは智哉。小学部出身で、チーム一走りこんでるんじゃないでしょうか。
時々思わぬ時に、道を走っているこいつと出会います。
ピンチだけど、投げられるのが楽しい!
そんな顔に見えました。
結局、ポテンヒットとエラーで2点を追加され、3点のビハインド。





いつもの負けパターンかな・・・重いなこの3点は・・・特にエラーの3点目が
正直そういう思いが頭をよぎりました。




その裏、先頭バッター2番僚太。チームのムードメーカー。
こいつの誘いでアキラ達は入団しました。

出た!右中間へのツーベース!


3番貴幸。1年生の春からショートのレギュラーを張ってきたセンスの塊!
まさにチームを支える柱です・・・
ところが、前日39度を超える熱を出してしまい・・・

お父さんは後発隊のマイクロの運転手だったため
急きょお母さんが夜の9時過ぎから新幹線とタクシーで看病にかけつけました。
お母さんは看護婦の資格も持ち、本当は仕事の都合でこの最後の大会には来られないはずだったのですが、事情を説明し鹿児島へ。スタンドから見ることができました。これで3年生の母が全員揃いました。

三塁線へ絶妙のバントヒット!


続く高紀は詰まった内野ゴロで貴幸がセカンドへ進塁。
チーム一の長距離砲で、左打席からの右中間へ伸びるあたりはほれぼれします。
この代の4番打者としてチームをひっぱってきました。
試合前のキャッチボールの時の、アキラの相手役。仲良しです。
優しい性格で、アキラと気が合うようです。


アンアウト2、3塁。5番、先ほど降板した裕一郎。センターに回っています。
チーム一の俊足!レフト前へタイムリー!
意地で1点を返します!なおもワンアウト1、3塁。


続くバッターはキャプテンの健介。小学校時代は野球もソフトも縁がなかったのに、エースの博人と同じマンションで誘われて入団。人一倍の頑張りで10番をつけるまでになりました。チームで一番魂の熱さを表に出す男です。

そして!ここで俊足コンビ、貴幸、裕一郎で意表をつくダブルスチール成功!
相手キャッチャーは強肩でしたが、見事な、芸術的スライディングでした!


1点差!きた!


健介、ライト前ヒット!ガッツポーズ!
前進守備のためランナーはサードストップでワンアウト1、3塁。


7番。リリーフの智哉。スクイズ!はずされた!とびつく!キャッチャーフライ・・・
ツーアウト。


そして8番佑悟。小学生の時から身体が小さくて、バッティングではよくドラゴンに怒られてました。
また、今のY監督も子どもの頃は小柄だったため、佑悟の気持ちはよくわかる、と親御さんに言っていたそうです。でも、気がつけばずいぶん身長が伸びました。



不甲斐ないプレーに、あのお母さんが家で「気合いを注入」したこともあったそうです・・・




初球、振り抜いた当たりがセンター前へ!同点タイムリー!

3点差を追いついた!スタンドは大興奮状態!すでに泣いている母がいます。





そしてアキラ・・・


初球は見逃しストライク
2球目ファール
ボール、ボール
見逃すたびにスタンドからため息がもれる。
そして2-2からの5球目




さっきの打席もいい当たりだったけど、それを上回る最高の打球でした。
鋭いライナーが左中間を深々と破り、まずサードランナーの健介がガッツポーズをしながらホームイン。
目の前を、一塁ランナーの佑悟が回っていく、2点目



セカンドベースを蹴って、アキラが走ってくる。眼前に走ってくる。
滑り込む。



歓声で聞こえませんでしたが、あいつがサードベース上で右手を振り上げて叫ぶのが「見え」ました。



いつも声だけは一番出している、と試合を見にいった家内が言っていました。
ベンチやランコーで出すことも多かったけど、この試合ではこの場面で打って吠えた。

もういちど、ベンチに向かって両手を突き上げました。
いままでのモヤモヤがすべてふっきれた、そんな姿に見えました。



そして、気が付くと主審が本部と何事か確認を・・・
規定で、この大会は120分の時間制限が設けられています。



集合がかかる!勝った!



















続いて行われた2試合目は、余力が残っていませんでした。
うちは小山で相手は初戦。しかもまたまた強豪。

先発した亮太もコンディション維持が難しかったでしょう。
開会式会場と旅館が1時間以上離れていたため、5時起き。
それから14時過ぎまで待つと言うのは・・・
あいつだけメシ食わせとけばよかったな・・・

5年生の終わりから西クラブに入ってきた亮太。
6年生の夏休みの鹿児島遠征で大活躍して、その思い出が中学でも野球をやるきっかけになりました。
弟の優作を預け、夫婦でこの思い出の鹿児島にやってきました。物静かに見守るお父さんも、たくましく成長した姿を見届けました。

前週の呉遠征では、2時起き3時出発で、初戦先発。1失点完投。
すばらしいピッチングだったそうです。
リリーフが多かったけど、7月31日の練習試合で先発、最終回5点取られたけど監督が変えず完投し勝利投手になってから、明らかに意識が変わり自信を持ったとお母さんが言ってました。

「変えるのは簡単なんですが・・・頑張って乗り越えて欲しいんです」。これが全てのピッチャーへの監督の思いです。先があるからこそ。





それとこの試合。最後にエース博人が投げました。1アウトから。
遠征の前々日、3年生の父たちでお父さんの初盆参りに、ちょっと遅くなったけど行かせていただきました。
最後故障で悔しかったと思うけど、でも投げられてよかった。
力いっぱい真ん中に投げ込んだストレートを見事に柵越えされました。
みんな笑ってました。お父さんも空から笑って見ていたと思う。



アキラは見逃し三振とキャッチャーフライ。
いつものあいつに戻りました(笑)
サードのポジションは宏祐と交代。
打席回してやりたかったな・・・
数々の伝説を持つ最強のお父さんと、それをはらはら見守るお母さん。
1年生の双子の弟が、新しい歴史を作ってくれるでしょう。


最終回代打に出た征平。初球から振り抜いた打球はショートライナーだったけど、気持ちが見えた。
夜、君が言った言葉「毎日の練習、一球一球を大切にやってきました」
背番号14の君のその姿勢が、この素晴らしいチームワークの土台でした。
君が打てばチーム全体がなによりも盛り上がった。



こうして最後の試合が終わりました。
なんだかんだ2年半お疲れ様。


不甲斐ない父親の代わりに、アキラを励まし支えていただいたチームのみなさん、ありがとうございました。
あの2本のヒットは、間違いなく皆さんが打たせてくれたヒットでした。

来週日曜日、卒部式。

練習風景
ある日の練習風景から


コメント

下原1母 #-

感動をありがとうございました!本当に、先輩方、父兄の皆様には、脱帽なんです!応援はいつも、熱くて優しくて楽しくて…!心地よい空気が流れてました!息子曰く、先輩達には手が届きそうで届かない。熱さと団結力があると… 先輩達の姿を呉、鹿児島で身近で感じとった息子は、きっと、先輩達の思いを受け継いでいくと信じます!さぁ!来週卒部式!泣いて頂きますよぉ!

2011年08月23日(火) 07時48分 | URL | 編集

じゅごん #//wnbboM

コメントありがとうございます

★下原1母さん
ありがとうございます。おっしゃる通り、子供も父母もみんな仲が良い、それでいて熱い気持ちに溢れた最高の雰囲気でした。さあ、いよいよですね!鹿児島で、試合中ある2年生の親御さんに「ここからの1年は速いですよ・・・」と言うと「そうなんでしょうね」とうなずいていました。まずは卒部式、お世話になります。
あ、それと日曜日は千早公園でお相手していただいたようで、ありがとうございました。

2011年08月23日(火) 09時34分 | URL | 編集

ヤマサキコーチ@みなにゅう #FBS4NHfE

感動の長編大作ですね。
思わず文章に引き込まれ
読みながら泣きそうになりました。

今からお互い暇ですな~
と思ったらじゅごんさんには
西クラブがあるのよね(笑)


2011年08月23日(火) 15時29分 | URL | 編集

はやピーママ@高木 #-

最後まで

読みました。
すごいです。
じゅごんさんの文章力。
さすがお仕事がお仕事ですから・・・

読んでいて
実況中継みたいでした。
・・・ていうか
臨場感あふれるっていうか・・・

感動です。

あきら君も悩んだ時期があったんだな~と知って涙しました。

たしか、小さい頃はサッカーもやってましたよね?
うちの次男は4年生になるときにサッカーやめました。
今はソフト一本です。

はやピーはどうなることやら・・・
あきらくんははやピーと同じ第三子ですよね?
三番目って無条件にかわいいでしょ?

2011年08月23日(火) 16時04分 | URL | 編集

じゅごん #//wnbboM

コメントありがとうございます

★ヤマサキコーチ@みなにゅう
そうですよ・・・とか言ってやまさきさんも、いつもの「やまさきこーち」から「ヤマサキコーチ@みなにゅう」に復帰してるじゃないですか!お互いソフト専心でがんばりましょう。

★はやピーままさん
ありがとうございます。
グラブやらバットやら買ってやりましたが、3年生の誕生日のベッカムモデルのサッカーシューズが一番喜びましたね・・・4年生の時、自分からやめると言いました。たぶんやめたくなかったんでしょうが・・・
無条件にかわいいということはないですが、長女や長男とは接し方はやはり違うかもしれません。性格もずいぶん違うし。

2011年08月24日(水) 10時48分 | URL | 編集

きりん #-

老後・・

堅守で誰に似たのか(笑)イケメンの
アキラが もう卒部ですか
ついこの前まで西クラブだったような・・・

ソフトのご苦労でなかなかジュニア時代
見たいにプレーを見れなかったでしょう
しっかりと卒部式楽しんでください。


ところで
アキラ同様『彼』も千早グランドに育てて
もらったと言っても過言ではありません

老後?はみんなの成長を楽しみながら
酒のツマミにして飲みましょう(笑)

2011年08月26日(金) 21時53分 | URL | 編集

じゅごん #//wnbboM

コメントありがとうございます

★きりんさん
老後は・・・・孫の育成が待ってます!(爆)

2011年08月27日(土) 22時34分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。