いろいろと、秋!

20日は、2班に別れての行動。

まずレギュラーチームは、まだ明けやらぬ6時に出発して遠賀に。
「なんとか初タイトルを」と意気込んで臨んだ「林昌一杯」だったが
前日の雨の影響もあり、試合時間短縮(45分で新たなイニング入らず)

初戦、若園さんとの試合は3回終了でタイムアップ!
0-0で引き分け。
結果、これが響き1勝1分けでリンク抜けできず・・残念。

教育チームは、箱崎公園でリーグ戦。
欠席者があったため、正式入部はまだだが「候補生」の2年、りゅーのすけ君に参加してもらい
9人で3試合。

1勝1敗1分け。

みな、はつらつとプレーしていた。
りゅーのすけ君も「面白かった」と言ってました。

9人づつでぎりぎりではありましたが、一応2班に別れての行動も可能になったということで
保護者の体制含めて大変でしょうが、一歩ずつ前進はしているのかな?


あきらとママは、中学硬式の懇親会へ。
引退した3年生が久々に集まり、現役チームと紅白戦をやったあとバーベキューを、という企画。

球場は佐賀県の玄海町だったのだが、ついた早々ま~めいどから
「今、玄海原発で事故が発生して国が緊急事態宣言を出したって放送がありよるとやけど!」と血相を変えて電話が入った。

「ええええ~~!」と驚いて、ニュースサイトを見るけど、そんな話題はない・・・

5分ほどして「訓練やった」と電話が入り「ほっ」

かなり大がかりな訓練だったようですね。
上空にはヘリコプターが飛びまわり、一同かなりびびったらしい。
そりゃそうだろう。

私は9時からの校区一斉清掃活動に参加したのち、自転車で教育リーグが行われている箱崎公園へ。
おニューのジャンパーを着て行ったけど、結構寒かったね。

夜は焼酎を傾けながら、日本シリーズ第7戦を観戦。
勝って本当によかった。
ドームに居るはやピーママと連絡をとりながら・・・

ピーめ、肝心なときに電池切れで!(笑)

いろいろあって8年ぶりの栄冠。
秋山監督の涙を見てぐっ!とキタ。

で、優勝監督インタビューのとき、アジアシリーズのことを振られて
「その前に」と前置きをし、震災のことを話し始めて・・・

「被災者に勇気と元気を感じてもらえればと、12球団一丸となってやってきました」と

そう・・・現場は本当に一生懸命、きつい日程に文句も言わず
「ファンのため、日本が元気になるため」とやってきたのだ。

仙台、千葉、埼玉・・・被災した地域をフランチャイズとするチームと、真剣に戦いながら
復興への思いを胸に、選手たちはがんばってきた。

そのシーズンの日本一。万感胸にくるものがあったのではないか?
最後は東北出身の摂津で締めてくれたし。
今シーズン、ドームのライトスタンドには、被災した各県の復興を祈る、「がんばろう○○」と書かれた旗が打ち振られ続けた。


あと嬉しかったのは、落合監督をはじめ中日の選手たちが全員ベンチの前でセレモニーを見守ってくれていたこと。
セレモニーが終了すると、どこからともなく「落合コール」が起こり、球場全体を包んだのだとか・・・
これは、いい話です。
中日は強かった。本当に手ごわかった。最大10ゲーム差からの逆転優勝はすごかった。
吉見はさすがだった。岩瀬もさすがだった。
浅尾きゅん!はちょっと疲れが見えたけど・・・それでもやっぱ素晴らしい。

8年ぶりか・・・

2003年の阪神との日本シリーズはドームで観たな。
城島が結構活躍した記憶が。

2004年は、リーグ戦は優勝したけどプレーオフで西武にまさかの敗退・・・
この年は、球団自体、ダイエーの経営不振もあり結構ごたごたしたんだよね。
小久保のトレードとか・・・

2005年に、ソフトバンクに親会社が変わって
3月に福岡西方沖地震があって
レギュラーシーズンは優勝したけど、またしても・・・
城島も去り・・・

てなことを思い出しながら、改めて8年ぶり。

しかし1989年に「福岡ダイエーホークス」がスタートして、もう22年か・・・
早いもんだ。
1993年には福岡ドームができたけど、チームはこの年まで16年連続Bクラス。
しかし、この年のオフに、大型トレードで西武から秋山がやってきた!
ドラフトで小久保を獲得!

95年に王さんが監督就任。(この年、千早西クラブ誕生!)
しかし翌年まで20年連続Bクラス。

99年初V・・・

いろんなことがあったなぁ。
いずれにしても、福岡に地元球団があるからこその幸せ。

そういう意味で、中内さん、根本さんへの恩は忘れてはいけない。
現オーナーの孫さんへも・・・




実は中学硬式の懇親会(バーベキュー)は箱崎公園であったため
私も試合終了後参加できた。
みないろいろと進路について具体的に考え始めていて大変そうだけど
相も変わらず仲良くて、微笑ましかったです。

帰りがけ、多々良川沿いの堤防遊歩道からの夕焼けがあまりにもきれいだったので
自転車からiPhoneでぱちり。


これには映っていないけれど、博多湾からの飛行機が徐々に高度をさげながら
空港へ向かうこの風景は、本当に美しくて、博多ならではのもの。

この夕焼けと、ホークスの日本一を忘れないようにしよう。
あと、西クラブの「優勝」の思い出が付け加われば、言うことないんだけど。

多々良川堤防

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。