贈る言葉

3月16日 17期生達の卒業式

あいにくの雨でしたが、長く寒かった冬が終わり
ようやく春がやってきたことを知らせる
「花開きの雨」でした。






キャプママ(今は「前」がつくか・・・)から

「いつも『居酒屋じゅごん』読んでます!
 きっと、ひとりひとりへの声かけの記事を
 書いてくださると信じています」

というメールが先日きて。


いや、ずっと以前から

「例年書いてた、メンバーひとりひとりの紹介記事はまだなんですか?」

「例年書いてた、メンバーひとりひとりの紹介記事はいつくらいになりますか?」

「例年書いてた、メンバーひとりひとりの紹介記事は今年は待たせますね?」

「例年書いてた、メンバーひとりひとりの紹介記事は今年はもうないんですか?」

と、ひと月おきくらいに催促を受けていたのですが・・・・



いろいろ考えてはいたのだが、どうも愚痴や説教ぽくなって(爆)


思い出深い代でした。フレンドシップに初参入した年でもあったし。

「各町内子供会のソフトボールチームを通じた部員流入」が途絶え、いちから作り上げた、最初の代でもあった。

当初の「練習仲良しクラブ」時代を第1期

千早ジュニアリーグを結成し、徐々に力をつけていったのを第2期

初めて県大会に出場し、それなりに名前を知ってもらえるようになった11期以降を第3期

とすると、第4期の始まりをつげる代であったとも言える。





いろいろ考えた結果、卒業生ひとりひとりに、私から一字を贈ることにしました。
スポーツや勉強で、ちらっとでも思い出してもらえば・・・・




智泰

とも


歴代に名を刻む剛球エースとして、きっといつまでも覚えています。
設立当初からの流れをくむ(各町内子ども会出身という意味で)、最後の一人でしたね。
「あと一歩」というところで、勝利を逃す経験も多かったけれど
オールスターにも選出され、広い広い世界の片鱗を見ることができたと思う。

君に贈る一字は



です。限りない可能性に向かって、挑み続けてください。




航輝


こうき


一番最初の、公式戦。宇美の4年生大会。
サードを守っていて、吉塚のベンチ前へファールフライをダイビングキャッチしたプレー。
そして、一番最後のリーグ行事。駅伝大会での快走。
初めと、最後をいつまでも忘れません。
悔しい思いが多かったと思いますが、周囲に眼を配ることができる君の姿勢に、いつも助けられました。

君に贈る一字は





です。限界を自分で決めず、君の持つ力を信じて、もっともっと超えていけると確信しています。



拓哉

たくや

どんくさいところもあった。意外に頑固なところもあった。試合の直前にトイレに行きたくなる繊細なところもあった。しかし、君の本質は、両親から受け継いだ芯の強さにあると思っている。
ブログにもあったけど、子供球場のコンクリートの壁を恐れず突っ込み、グラブを高々と上げた君の姿を、心に刻んで・・・


君に贈る一字は





闘争心を持つこと。そして闘うのは相手だけとは限らない。自分自身との闘い。その気持ちを忘れずに。





颯太(字はこれであってる?)


そうた


転校で、短い間。正直戸惑いの方が多かったと思う。野球とソフトボールは似て非なるスポーツ。
でも、卒部式での笑顔を見て、よかった、と思いました。

君に贈る一字は



です。どちらかというと、気持ちが表に出てこない印象がありましたが、心の中には高いプライドを持っていると思います。この字は、今の君を表すというより、時には激しく、がむしゃらに、泥臭く、熱烈に突き進んで欲しいという願いで贈ります。




健人

たけと

以前のHPに「練習日誌」というのがあって、最後は2009年6月7日
築城大会の日で終わっています。
入部をしぶっていた君が、半ば強引に?入部となり
すぐに頭角を表し試合へ。ヒットも打って打点もあげた・・・

でも帰ってきて、ひとつ先輩の光と監督からノックを受け
西クラブで悔し涙を初めて流したあの日を覚えていますか?
もう忘れたかな・・・6年生になって、あまりにも流した悔し涙が多かったから・・・

あの時「ああ、この子といっしょに、新しい西クラブの歴史が始まるのだろうな」と思い
練習日誌を終了することにしました。上に書いていた「第4世代」のスタートです。


それとHPでの選手掲示板のことを含め、冷たく突き放したことを、今日謝ります。
もっと強く大きく成長して欲しい。
その気持ちからだったこと、今はまだ分からないかもしれないけど・・・・・
ショック療法だったとしても、君の心を傷つけたかもしれません。

西クラブ18年。多くの先輩が巣立って行きましたが、過去10番をつけたのは17人。
我々が昔話をするとき「誰誰がキャプテンの代」と話します。

健人の代、いいチームでした。


君に贈る一字は





です。中学に進んでも、西クラブ元主将としての誇りを胸に前へ進んでください。
仲間からの、周囲からの信頼。自分自身を信じること。それがいちばん大切なことです。

信じています。







17期

保護者の方々、おめでとうございます。
素晴らしいチームワークで、我々の深層心理心に刻まれた代です。

この友情と縁が末長く皆さんの間で続いて行けば、それが我々にとって最も嬉しいことです。


ありがとうございました。


各チーム6年生の皆さん。ご卒業おめでとうございます。

それから、M・Hくん。君のことももちろん忘れていませんよ。
卒業おめでとう。またどこかで会いましょう。


コメント

たかまま #-

おめでとうございます

千早西クラブ6年生の皆様、ご卒業おめでとうございます。

皆様といい思い出ができたこと、本当に嬉しく思います。
6年生ママとも、一緒に泣いたり、一緒に喜んだり・・・

本当に楽しかったです!

子供たちも仲良くさせていただいて(*´∀`*)

これからもいろんなところで顔を合わせることになるでしょうね♪


最高のチームですね♪
仲良くさせていただいて本当によかったです!

このご縁を大切にしていかなきゃ(-^〇^-)

2012年03月19日(月) 13時31分 | URL | 編集

じゅごん #//wnbboM

★たかままさん
私がレスするのも僭越なのですが、新参者だけど図々しいうちの6年母達が本当によくしてもらって。リーグの「裏忘年会」がきっかけでしたっけ?感謝です~。
本当に、縁というのは不思議なものですね。

「サッカーは学校にユニフォーム着て行っても怒られんのに、ソフトは怒られるのは納得いかんて子供らが言いよるんよね~」とあなたのチームのコーチか監督さんから聞いたとき、改めていいチームだな~と思いましたよw。5年生揃いのTシャツで卒業式出席、最高です!

2012年03月19日(月) 15時51分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。