ひと段落

昨日、校区の夏祭りが好天のもと無事終了!

毎年、景品担当として、あーだ、こーだ・・・とかブログにも書いてきましたが
今年は「副実行委員長」ということで、例年を凌駕する忙しさ・・・

毎週の実行委員会や出店者会議の運営
下打ち合わせ、交渉、準備・・・

それに加えて、先週は「公民館など地域諸団体主催の日帰りキャンプ」
中心となるのは子供育成会なのですが、公民館、地域ボランティア、PTA等々複数の団体が関わっているので、やはり調整にはそれなりの時間も手間もかかる。

そんなこんなで、西クラブの方の活動(試合、キャンプ、ドーム観戦などなど)には、なかなか顔を出せず、もどかしい思いもしながら、まあひと山越えた感じです。


「なんでこんな苦労せないかんのかな?金ももらえず、やりたいこと(家族との時間や西クラブの活動)も我慢して・・・」

と思いつつ

日帰りキャンプで、薪をナタで切り、なかなか切れなかったけれど、「コン!」と割れた瞬間
「やったぁ!僕、生まれて初めてできた!」と喜ぶ子や・・・

夏祭りのステージで、まだ暑い日差しの中、AKBの曲を歌って踊る女の子たちの輝いてる笑顔
それを見守る家族や観客の楽しそうな顔、顔・・・

こういうのを見ると「誰かがやらなくちゃ地域は動いていかないし、地域が沈滞すれば子供も大人も元気がなくなる。やれる範囲で、やればいい」と考え、太ったお腹を揺らしながら走る続けています。

とにかく!
明日、いやいや今夜からは「大津守杯」に200%の力を傾注!
仕事の方も、お盆進行で締め切り終えましたし・・・

天気、特に台風の心配をしつつ、最高の大会になるよう頑張ります!





そして、福岡小学生選手権も待っている!




ところで、この日差しの中、毎度こんがり小麦色に焼けた肌・・・・

と、常套句としての「小麦色の肌」ってのがあるんですが・・・・

なんで小麦が、褐色なのか?

小麦粉は白いし・・・

この辺でよく見かける大麦畑は、実っても、稲のように黄土色、金色、って感じだし。

「褐色に実った小麦畑」って、実は、多分、まだ一度も見たことないんですよね。私。

日本では小麦の生産は少なく、ほとんどが輸入ですが、

それでも産地として、圧倒的な一位が北海道で

福岡が二位らしい

見てみたい、「褐色に実った小麦」

鏡で自分の顔を見ながら、そんなことを思うひと時。

「夏休みの宿題?」です。

「このあたりに行けば見られるよ」って方、情報お待ちしてます。


コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。