9月1日

ここ一週間ほど朝夕に秋の涼しさを感じていたが
今朝は、久しぶりに涼しすぎる夜明けにタオルケットにくるまり
それでも肌寒く寝室の窓を閉めた。

浅い二度寝から起きだし、寝ぼけ眼でまずカレンダーを破る。
今日から9月。

選抜九州大会福岡市予選。

8月が始まった頃、監督に
「週末はレギュラー戦続きでリーグも始まる。
 新チームの実戦経験が不足している。
 夏休みだから平日でも練習試合を組んでは?」と提案。

東区の朋友、原田ビッグボーイズさんが
「火曜と木曜なら、グランドとれますから」と呼び掛けに応じてくださる。

下旬。組合せが発表され、奇しくも原田さんとは同パート。
しかし、お互い切磋琢磨を目指し、雨や強風にも負けず、時間をやりくりしてお世話になった。

千早西 16-2 福岡南JC

千早西 5-2 原田BB

2試合目のうちに対し3試合目の原田さんだったが、エース君の気迫の投球で点が奪えないまま
逆に、小さなほころびに畳みかけられ2点を先制される。

ランナーが出るが、いい当たりが正面を突き得点が・・・

そんな重苦しい雰囲気を破ったのは、代打に出た3年生の龍之介だった。

県大会出場。よくやった。


一年前・・・県大会の扉を開き、歓喜の中、現5年生の親御さんと子供たちに「あと一年ですよ」と伝えた記憶がある。

明日もリーグ戦があるが、ジュニア組は居残り練習。

君たちと、お父さん、お母さんに伝えたいと思います。

「あと一年。もう残り一年。まだ残り一年」

見上げれば、きれいな月。

9月の異名は「寝覚月」。

寝覚めの4年生、3年生、目覚めよ~!



コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。