始動、試動、指導

卒部式も終わり、いよいよ新チームの本格始動。

といっても、先週までは「9人揃うかどうか微妙」という具合でしたので、「始動」というより「試動」といった方が適切か?

新加入5人を加え、11名でのスタートです。「さわやかイレブン?」
(この言葉も「死語」やろうなぁ・・・蔦監督の奥様、先日亡くなられたそうですね。ご冥福をお祈りします)

リーグ開幕までには、あと数名登録できそうだと聞いてます。
ともあれ、保護者や子どもの尽力でチームが存続できたことにまず感謝。

アップのやり方、キャッチボールから始まって、まずは守備の練習に時間を費やしました。
ほとんどポジションも決まってない状態。
シートノックでは試行錯誤が続きます。

今日の午後はランナーをつけての練習を行いましたが(体験帰りの6年生がグランドに来てくれたので)
低学年はバックアップのフォーメーションを覚えるのに四苦八苦。パニック?

今でこそどのチームも普通にやってるこのフォーメーションですが、プロ野球でさえ、1961年(私が生まれた年!)に巨人軍がベロビーチでキャンプを行い、いわゆる「ドジャース戦法」を取り入れたのが始まりと言われてるくらいですから、実は高度な戦法。

これを、足し算引き算が終わって、まだ九九も習ってない1年生、目下九九を練習中の2年生にやらそうってんだから(比喩ではなく)、考えれば無茶な話です(笑)

私らが子どもの頃の「三角ベース」にはフォーメーション、はたまたバックアップなんて言葉はかけらもありませんでしたからね・・・・

1年生、2年生・・・めんくらってないか、ちょっと心配です。

「ソフトボールって、とってなげるだけじゃないんだ~(TT)」

親御さん、フォローよろしくお願いします(笑)
我々は、九九と同時に連立二次方程式を教えているような悪魔です(爆)

(もっとも、わからないなりに、1年生から上級生の試合を眺めていれば、「門前の小僧」「習うより慣れろ」の類いで、低学年でも基本的な動きは頭に入ってるもんですがね。
子どもの頭は柔らかく、その吸収力たるやすさまじいもんですから。
しかし、そこをすっとばして教えていかないといかんのが、厳しいところです)


初めての子どもたち・・・・現状では、試合でこの動きをするのはまだ難しいでしょう。
でも試合に出るからには覚えてもらわにゃならん・・・・

まずは守備・・・攻撃はバッターボックスに立ってりゃ3人アウトで終わりますが、守備は3つアウトとらにゃ終わらんからね~。試合をするからにゃあ・・・・・

寒かったのと難しかったのときつかったのとで、今夜はくたくた、熟睡でしょう。
風邪引くなよ~


お父さん達にも、そして私を含めてコーチ陣にも、

「焦らないでいきましょう!」
「楽しみにいきましょう!」



コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。