年末のご挨拶に代えて

本年9回目の更新。
SNSの隆盛に伴って、私のような「素人ブログ」はめっきり下火になってきた。もっとも、SNSにしてみてもすでにその勢いに陰りが見えてきているように思うのだが。
年の瀬に今年を振り返る・・・のも芸がない。
そこで「年末年始休暇にお勧め」の「野球小説」をふたつ紹介し、今年の〆とします。
『イエローサブマリン』(山際淳司著/小学館文庫1998年・絶版)
イエローサブマリン
私が大学に入学した年に創刊された雑誌で印象に残るものが二つある。(当時は毎年、いや毎月何冊かの雑誌が創刊されていたのだが)
『ビッグコミックスピリッツ』と『スポーツグラフィックNumber』だ。
前者の創刊号には高橋留美子の「めぞん一刻」が、そして、米国の「スポーツイラストレイテッド」誌を意識したという後者の創刊号には、山際淳司なるライターによる「江夏の21球」が掲載されていた。
何度か触れたことがあるが、この「21球」はその後の日本におけるスポーツを題材としたノンフィクションに多大な影響を与えた。いや、この作品によって新しいジャンルが生まれたといって過言ではない記念碑的な一作だ。
1995年5月に肝不全でこの世を去った著者が、92年8月から93年3月まで産経新聞に連載した、彼としては珍しい長編小説。
日本球界ではさして実績のない一人の少年が、単身アメリカでプロ野球、そしてその頂点であるメジャーへ挑戦する姿を描く。
時代背景は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」ともてはやされたバブル期の1988年からその崩壊があらわになった91年にかけて。
テーマは一言で表せば「父と息子」だ。ジャパンマネーを背景に、メジャー球団、具体的にはレッドソックスの買収に商社のサラリーマンとしてビジネスに取り組む父。離婚した後、距離をとり連絡もしていなかった息子がアメリカでマイナー球団に在籍しているのを知り・・・。
作者は、自らの在米体験も含め、ベースボールという文化が根ざすアメリカの風土を日本のそれと対比させる。そして私には、マネーゲームに敗れた日本人がその後どのようなスタイルで生きていくか、「変化」を示唆しているようにも思えた。もっともその後日本は「変わる」のではなく「過去の栄光と夢の再来」を求め、失われた時代を彷徨うことになったが。
1995年は、阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件など一連のオウム真理教の事件によって神話の終焉が告げられた年だった。
だが、山際が没した5月29日に先立つ5月2日、村上雅則に次ぐ2人目の日本人メジャーリーガーとして野茂英雄がドジャーズのマウンドに上がった。
好投しながらなかなか勝ち星に恵まれなかったが、山際の死の4日後である6月2日、初勝利をあげ、この月、野茂はピッチャー・オブ・ザ・マンスを獲得する。そしてオールスターの先発マウンドへ。
フィクションを現実が追い越していく。野茂はこの小説を読んでいただろうか?
絶版となっているが、Amazonなどで古本が比較的安価に入手可
『黄金の時』(堂場瞬一著/文藝春秋社2015年)
黄金の時
売れっ子作家(陳腐な表現!)としてスポーツを題材とした作品も多く手掛けている堂場瞬一による95作目。そしてこの作品も昨年(2014年)「Number」に連載されていたものだ。
『イエローサブマリン』がバブルの絶頂とその終焉を時代背景としているのに対し、こちらは1963年、東京五輪の前年にして日本人初メジャーリーガーが誕生する前年が舞台だ。つまり高度経済成長が始まる頃、アメリカのマイナーリーグに在籍した少年と父、そして少年の子ども三代に亘る「父と息子」の物語。
著者本人、あるいは編集者に、山際と『イエローサブマリン』へのオマージュがあったのかどうかは分からないが、私の中ではどうしても二作が結びついて解釈される。
この作品においても、華々しいメジャーを草の根で支える、奥深いアメリカンベースボールの世界にどっぷり浸ることができる。そして、冷戦下とはいえアメリカがベトナム戦争への本格参戦前夜、ケネディ大統領暗殺(1963年11月22日)直前までの3ヵ月(作品は全くそのことに触れないが)というこの作品背景は、まさにアメリカにとって「黄金の時」のベースボールを描いたものとなっている。
流石に手慣れた文体で、一気に読み終えることができる一冊だ。
全国書店にて絶賛?発売中。ただし1650円+税。お年玉で
では良いお年を。

コメント


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。