かもめがとんだ

どうも!
サンタの国で行われている
「事業仕分け」で
「じゅごんへのプレゼントは必要なし!」として
クリスマスプレゼントが凍結されたじゅごんです!

ぐれてやる・・・・

ところで、みなさんいかがお過ごしですかぁ。
あっ、という間に11月も下旬にさしかかりますね。
加速度的に日々が過ぎていき
雁ノ巣も冬景色を迎えます。

こんな時季のお楽しみを、今日は一つ
じゅごんが伝授しましょう。

こう見えてもじゅごんは「日本野鳥の会」会員なのです。

紅白とかで、客席の白赤を数えていたりなんかする
あの「日本野鳥の会」です。

まあ、名ばかり会員なんですけど・・・
一時期バードウォッチングに凝っていたことがありまして・・・

で、野鳥観察なんですが
今の季節がなかなか良いのですよ。

バードウィークは5月ですが
その頃は葉っぱが青々と茂っていて
鳥さんが良く見えません。

今の時期は、落葉樹は葉を落とし
梢の鳥の姿もよく見えます。

いえいえ、特別な鳥を観察する必要はありません。
手近なところで、雀、カラスなんかを観察したり
写真を撮っちゃったりすると、なかなか楽しいもんです。

カラスといっても、日本には「ハシブトガラス」「ハシボソガラス」の二大勢力があり
今の季節だと、運がいいと「ミヤマカラス」に会えるかもしれません。
くちばしで見分けます。あと鳴き声。

「かあ~かあ~」と鳴くのがハシブトガラスで
「があがあ」と鳴くのがハシボソガラスです。

ハト・・・ハトは「日本野鳥の会」では、鶏と同様「野鳥」には分類しておりません・・・・(差別?)

それと、今の時期いいのは、比較的観察しやすい
水鳥が多く飛来してくることです。

大濠公園にぷかぷか浮いてる水鳥でも
カワウ・ユリカモメ・カモメ・セグロカモメ
ヒドリガモ・ホシハジロ・キンクロハジロ・マガモ
などがいます。
雄と雌で大きさや色が違います。

この中で最も皆さんが目にするのは
ユリカモメではないでしょうか。

福岡市の「市の鳥」でもあります。

くちばしと脚が赤く、夏の間は灰色だった頭が
冬は真っ白になります。

海や川の近くなら、市内では普通に見ることが出来るはずです。

できれば8倍くらいの双眼鏡を持って
「スズメ」「カラス」「ユリカモメ」から観察を始めると
他の鳥も目に入ってくると思いますよ。

西のほうでは「カササギ」とか、川や池では「小サギ」とか・・・・

なんといっても、都会の人間の一番身近にいる野生動物。それが「野鳥」なのです。

どうでしょう、サンタさん・・・
いつもと違い、こういう清らかな話題を続けていけば
私のプレゼント復活折衝できますでしょうか?

コメント

愛好35 #/NoAWvjs

No title

野鳥の会ですか~

週末に「野鳥」に行ってきます(。・ω・。)ゞ

若宮のですが・・・

2009年11月18日(水) 21時11分 | URL | 編集

ぼうず #-

No title

なんか読んだだけで鳥達が目の前に浮かんできて、心が洗われました。

やっぱり紅白の時は動員されるんですか?

2009年11月19日(木) 06時28分 | URL | 編集

じゅごん #//wnbboM

コメントありがとうございます

★愛好35さん
「野鳥」さんは、いいお店です。お客さんですし・・・・美味しいボタン鍋食べて下さい。

★ぼうずさん
野鳥を見ていると「鴨南蛮」とか「焼き鳥」とか食べたくな・・・・・イエイエ・・・・紅白には動員されません.カウントの経験もありません。

2009年11月19日(木) 12時47分 | URL | 編集


トラックバック

GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。