ベースボールと野球(少年編)

日米野球も終わりました。
U21ではU19に続いて台湾にやられちゃいましたね。

3年後のWBCを見据えた侍ジャパンの活躍、今後も見守っていきたいものです。

ところで、らっこさんが久しぶりのブログ更新で、大変な好評を得ているようです!
こちらの記事

まあ一言でいえば、らっこさんも丸くなってきたな(笑)

ところで、今回の日米野球ではMLBから審判さんもやってきて、日米混合でアンパイアをやってました。
日本が勝ち越した後の第4戦、5戦あたりでは、ハーフスイングなどのジャッジに「?」というアメリカ寄りのものもみられたように思いましたが・・・

MLBで活躍する選手も多くなってきて、スタイルは違えど日米の野球のレベルにかつてのような開きはなくなってきたように思います。てか、USA出身の選手は今回のチームには少なくて、中南米出身が多かったですがね。

ソフトボールなり野球の将来を考えるとき、国際化の問題はその行く末に大きく影響を与えると思います。
東京オリンピックでの野球・ソフトボールの復活を目指して、野球とソフトボールの国際組織の統合などの動きもありました。日本でもプロアマの垣根の解消が徐々に進んでいるようです。

しかしなんといっても、ベースボール発祥の地がアメリカであり、最高峰がMLBであることは現時点では間違いありません。
怪我対策や選手の待遇などについても、近年アメリカの影響を大きく受けるようになりました。

ところで少年野球の分野については、よく知られている(ご存じでない方も多いかもしれないけれど)ように、アメリカではリトルリーグが盛んです。
私自身はアメリカ居住体験がありませんので、以下は在米日本人でお子さんをリトルリーグに参加させた方々のブログを参考にした内容です。その点は勘案してご理解ください。

リトルリーグといっても、日本の年長さんくらいから参加できるティーボールに始まり、ルーキー(7~8歳)、マイナー(9~10歳)、メジャー(~12歳)などにディビジョンが分かれます。
ちなみに少女ソフトボールもリトルリーグに属するそうです。もちろん男子と一緒に野球をやる女の子もいます。

で、州によって違いはあるのかもしれませんが、基本的にこのリトルリーグは「レクレーションスポーツ」であり、地域割りが厳格に適用されるとのこと。
日本(特に福岡市)では、子ども会のソフトボール大会がイメージ的にはあてはまるかもしれません。

しかし一方でそこはアメリカ。
監督によるドラフトもあるし、トレードもあるそうです。
下手な子や親がトラブルメーカーになりそうな場合は、はっきり「お前はうちのチームにはいらん!」と言うそうですし、選手の方もコーチやチームメイトと合わないとなるとすぐやめたりチームを変わったりするみたいです。
小学生の間同じチームで・・・という方が珍しいのかも?

審判はボランティアですが、レベルによっては日当もでるみたいです。
調べたけどよくわからん。
そして、誤審やえこひいきのトラブルも日常的にあるみたいです。
(むしろ日本の方がジャッジは正確なのかも?)

そして近年問題になっているのが、こうしたレクリエーションスポーツとしてのリトルリーグには飽き足らず、クラブチームに所属させ熱心に関わる親が増えているらしい。
こうしたクラブチームの全国的な組織は基本会社などの営利組織が運営し、きっちりビジネスとして成り立たせているようです。

リトルリーグの場合練習回数や時間などもきっちり制限が設けられ、1回の練習は2時間程度。
あとは父親、あるいはその代わりになる人が教えるというのが一般的なようです。
クラブチームの場合、将来的にその子を抱え込みたい名門高校野球部の監督などが継続して教える場合もあるみたい。

日米の少年野球には、ずいぶん違うもありますが、一方で共通点も多いようです。
特に、親の関わり方の分極化においても。
ただ、わが子の活躍に一喜一憂、熱狂する姿は世界共通のようで・・・

中南米の場合はどうなんだろう?
多分親御さんはそこまでかかわってる余裕はないのでは?

アメリカでは野球のほか、アメフトやバスケットなど有力なライバルプロスポーツが存在しますし、個人主義が徹底されていますので、その文化の違いは少年野球にも反映されているみたいですね。
そこら辺から類推するに、多分アメリカの審判の方がわがままなやつが多いな(笑)

将来のことで言えば、日本の学制のことがどうなるのかな?というのがあります。
ちょっと前東京大学が9月入学にするというのが話題になり立ち消えましたけど、この問題は案外今後もくすぶる続けると思います。
6・3・3(4)制は永遠に続くというイメージを持ちがちですが、これは戦後の話で、そもそも甲子園は「中等学校」の野球選手権として始まったわけです。6・3・3制自体はGHQによって作られたものですので、日米似通ってるところもあるけれど、中等教育の部分や「飛び級」の導入などが一番違うかな~?と思います。

日本では4・4・4制や5・4・3制などへの「改革」も論議されてます。早急な実現の可能性は低いようですが。
そうなると「小学生ソフトボール」のあり方も根本的に変わってきますよね。基本「教育リーグ」になる。
ただ、現行の「中学で2年ちょいやりブランクがあって、また高校で2年ちょいやりブランクがあって」というスタイルがそもそもどうなのかという問題もあります。
小学校6年生から中学2年までが同じチームでやるというのは、もしかしたら良いかもしれない。

現時点の小学生ソフトボールは、学校週5日制の導入前と後では様変わりしたように思います。
今後どうなっていくのか?
興味は尽きませんが、いずれにしても純粋に球を追い、一番近い距離で親もそれを応援するという少年ソフトボール、あるいは少年野球の「より良い姿」を求める心は同じです。
そしてそれは、多分世界共通なのでしょう。

(やはり俺が書くと理屈ぽくなる)

快適さの中に落とし穴あり

アメリカのビジネスコンサルなどで良く言われるのは
ビジネスにおいてカンファタブル、あるいはコンフォート(共に「快適」の意)な環境に身を置き続けては成長がなく、将来的にスキルが貧困になる、ということだ。

慣れ親しんだ、これまでのやり方が通用するぬるま湯からあえて抜けだし、厳しい環境に飛び込んでこそ新たなステージに登ることができるわけだ。

さて、この快適な状況から新たな段階に挑戦するとき、その上にあるのはラーニング(learning 学ぶ、学習する)ゾーン、ということになる。ここで気をつけなければならないのは、あまりにも求められる達成基準を高くしすぎたり、これまでの経験が全く役に立たない環境へ放り込まれると、それはパニックゾーンとなり、何をやっているのかわけがわからない状態となり、スキルが身につくどころの話ではなくなってくる。

快適な状況に甘んじることはならないが、現状のスキルがステップとなる段階を見極めることが大切。「今の自分ではちょっと無理かも?でもやればできるかも」へチャレンジすべきで、「無理無理。全然無理。見当もつかない」へ一足飛びにはいかない。もちろんそれは自己評価と客観的な第三者の評価で違ってくるのだろうが。

これは小学生・・・いや中学、高校、それ以上の野球、あるいはソフトボールの世界でも同様だろう。
コーチングをする際、その見極めこそがポイントとなる。

最近流行の?「褒めて伸ばす」という育成方法は、「褒める」が重視されるあまり、カンファタブルな状況に漬けすぎて、「伸ばす」タイミングを失う恐れがある(まぁ、それでいい親子もいるんでしょうが)。
一方、「厳しさこそが強さを生む」という指導者の場合、勢い余ってパニックゾーンに放り込むばかりで、結果オーライそれに耐える選手は良いが、そうでないケースで余計な回り道を強いている場合が多々見られる。

もちろん、どこまでが「ラーニングゾーン」で、どこからが「パニックゾーン」なのかは、ぎりぎりの挑戦をしなければ分からないというのもあるだろう。高みを目指そうと思えば、常に道程は安全とは限らない。

 その場合は、限界を超えて一旦退却する際の命綱なりセーフティネットを準備するとともに、筋力強化の場合と同様、心であろうが肉体であろうが、元の状態を上回る超回復によって力をつけていくためには、破壊のあとの休息(回復期)が絶対必要な条件となる。

こう書くとシンプルなようだが、選手個々人によって物差しも違うし、否応なしに試合が待っている中でこれを行っていくには、それなりの経験とスキルが指導者には求められる。

「あぁ、今絶好調!快適な状態だな」と思うとき、そこに落とし穴があることを肝に銘じなければならない。そして、日々「次に挑戦すべき、極端にぶれない目標設定とはなにか?」を考え続けなければならない。
一段跳びができる子はいても、チームも各々の選手も、いきなり階段の一番下から二階へはあがれないということか。

私自身の自戒の言葉として。
「あなたには成長への次のステップが見えていますか?」
そのマネジメントこそが、チーム成長への鍵なのだろう。
言い換えれば、イノベーションとは「無理を可能へと転化すること」かもしれない。

「やばい!と思ったとき、人は本気・必死になる。無茶と無理かも?は違う。
「これでいい」は「これでは良くない」

オフ会(懇親会)のお知らせ!

【お待たせしました!】11月3日オフ会のお知らせ

日時:11月3日(月・祝) 19:00~21:00
会場:TORTILLA FLAT(トーティラフラット)博多店

会費:1人3600円(税込み・120分フリードリンク)

昨年度「福岡小学生ブロガー大賞」受賞の不肖私が今年の幹事をすることになっておりましたが、身の回りに次々と大事件が起き、詳細の発表が大変遅れ失礼しました。

「福岡小学生ブロガーアワード 兼 福岡小学生ソフトボールファンクラブ大懇親会」を11月3日に行います!

今年は今流行のスペイン居酒屋&カフェ「バル」を会場にしました。

30人突破で貸切にできますので、ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。
オフィシャルなパーティよりは気軽に、そしてチームやリーグだけの飲み会よりはちょっとおしゃれに・・・ソフトボールファンの交流を深めませんか?

立地は博多駅筑紫口より徒歩3分ですので、北九州や久留米方面の方もぜひ!
(JR沿線、地下鉄沿線等々を考慮し、今回は博多駅エリアでの開催としました)

参加表明は、コメント欄またはメールで私までお願いします。
(コメント欄は管理者以外に非公開にする設定もあります)

参考までに「HOT PEPPER」のお店のページを下に貼っときます。
できれば来週火曜日(10月28日)までにご連絡お願いします!
http://www.hotpepper.jp/strJ001099187/


それと、恒例の「プレゼント交換」を行います。

予算500円程度で、今回は「食べ物しばり」!

手作りももちろんOK。お菓子やおつまみなどあなたのお勧めを~。
ラッピング袋は幹事の方でもいくらか用意しときます。

楽しい交流の場としたいと思いますので、お誘い合わせの上ぜひご出席ください。

10・21観戦メモ

一昨日の敗戦から、ドーム観戦を決意。

「昼の時点でまだチケットが売れ残ってたら行こう」と決める。
そのため午前2時までパソコンに向かい仕事を片付けた。

「ローソンクライマックスシリーズ」にちなみ、いつもタバコを購入する近所のローソンでチケット購入。
ロッピーの券を持って行くと、馴染みの店員さんから
「あっ!今日行かれるんですね!応援よろしくお願いします!」と声をかけられる。

早く行き練習から見るつもりだったが、予定外の仕事も入り、計画よりも押して帰宅。

私の担当である米を仕込もうとしたら、米びつに米が無い!

近所のスーパーに米を買いに行く。

米をとぎ家を出る。

直後、ポケットの中にあるはずのチケットが無い!

職場に忘れたのかと思い一旦戻るがそこにはない。
ポケットから出した記憶は無い。

「米を買いに行ったときに落としたに違いない!」と確信し、すぐにスーパーに戻ったが
店内にはなかった。

気を落として家に帰る途中、植え込みの上に見覚えのある封筒が・・・・誰かが拾って置いてくれたのだろう。
中を確かめると確かに自分のチケットだった・・・どなたか存じませんが本当にありがとうございました。

地下鉄で最寄りの唐人町駅へ。徒歩ドームへ向かう。
いつもの見慣れた風景が、なんだか今日は違って見える。

20141021.jpg


≪以下試合の感想≫

応援は、私同様球場にかけつけた知り合いらにまかせ(「我々の分まで応援よろしくお願いします」と要請)、ひたすら集中して観戦。隣の席は同じ雰囲気の中年のおじさん。明らかに我々はちょっと浮いてた・・・。

試合開始時はまだ3割くらいの入り。
だいたい席が埋まったのは7時半くらいだった。

前の席の家族連れは子ども3人で、一番下はまだ生後半年くらいの赤ちゃん。この子のおりこうなこと。小さなユニフォームを着てお父さんに抱っこされてあの喧噪の中一度もぐずらなかった。時々目が合うたび変顔をしてあやしたが、じっと見てた。うちの孫は泣いてたのに・・・・

・3回、柳田のセンターライナーアウトの場面。私にははっきりボールが地面にショートバウンドするのが見えた。
(気持ちが入ってるから「ように見えた」のかもしれないが)
もちろん外野審判の方が近くから見ているが、ライト線審の角度ではグラブに隠れて見えなかったのでは?
一塁塁審からは見えていたはず。(私の席は一塁側コカ・コーラシートから9列目)
秋山監督の抗議中、一塁塁審の挙動が・・・・・・
ビデオについては今朝初めて見たが、確かに地面に着いたとこは写っていない。
だが、捕球位置がグラブの上過ぎる。多分地面に着いた瞬間がコマとコマの間。
監督の抗議むなしく判定は覆らなかったが、こういう「誤審」はホークスには奮起をもたらし、一方相手にはある種の「後ろめたさ」をもたらす。序盤でもあり、その後も冷静に観戦。

・度々先頭打者を出しながらも得点を許さない大隣のピッチングは圧巻。
 直球で134km/hくらいのスピードなのだが、ほとんど低めに決まってた。
 審判との相性も良かった?
 五十嵐ちょっとピンチになりかけたけど、7回まで大隣のタイミングで狂わされた中軸は五十嵐の149kmを捉えることができなかった。
 先発→中継ぎ→抑えのコンビネーションを考えるとき、完投できないならば先発は球速にそれほどこだわる必要はないよね、と思う。

・「打たせて捕る」ピッチングは簡単ではない。にしても、細川の配球はピッチャーの球数が多くなりすぎるのではないか?
追い込んだ後ファールで粘られるケースが多く、ピッチャーの消耗が後半効いてくる。
大隣は病み上がりでなおかつ中4日。その点を配慮して早めの勝負をリードしたのでは?確かにヒットを許したが、結果として点を与えていない。ただスタンド観戦では微妙な配球はわからないけど・・・・

・ファイターズの中島は初回いきなりレフト前などほんとにいい働きをする。
 守備も軽快。ただ、まだ遠慮してるのか、守備中は若干おとなしい。
 第5戦でのタイムリー。そして最終打者となった昨日。大きな経験になっただろう。
 ドラフト前福岡工業高を視察中ホークスのスカウトと出くわしたハムのスカウトが「見に来たのは三嶋」と騙してマンマと指名できたらしい。(ちなみに息子の親友のイトコ)
 ハムのスカウティング、そして育成は学ぶべき点多し。

 ただし、ホークスも秋山監督が2軍監督時代から鍛えた生え抜き若手がスケール大きく育っている。
日本シリーズでは、もっと伸び伸び躍動して欲しい。

稲葉と金子の胴上げは、まぁよかった・・・けど。
私的には1999年の最終戦、山本カズの胴上げの方が泣いたなぁ。
(あの時は「無敗」篠原が投げてたのに、山本の応援、ホームランに大喜びと、今思えば篠原には気の毒なことをした)

中島など、多くの選手が「ホークス福岡移転」後に生まれた選手だもんなぁ。
プロ野球球団がある福岡の野球風土が育んだ選手であることは間違いないのでは?
そして、ホークスの福岡移転成功がハムの札幌移転を生んだわけで・・・

そういう意味で、故・中内さん、そしてパ・リーグに今日の隆盛をもたらした故・根本さんに改めて感謝の思いを強くし帰路につきました。


 
 
GO TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。